4月6日(土)自分史ワークショップ開催します:タイムトリップ!子どもの頃の思い出〜自分史としつきカフェ(東京都中野区)

今回、会場が、前回開催場所のウナ・カメラ・リーベラから徒歩1分の「中野区産業振興センター 3階 創作室」に変更になりました。ご注意ください。(2024/02/16)

定年、起業、家族の記念日といった節目に、「ああ、長い間がんばってきたな」「これまでをふりかえって、まとめてみたい」「ふりかえりをこれからに役立てたい」……そんな気持ちになることはありませんか?

そんなあなたには「自分史」の考え方がきっとお役に立つと思います。

ワークショップで、気軽に学んで体験してみませんか?

2024年4月6日(土)に、対面で参加できる「自分史ワークショップ」を開催します。

カフェの中で、気軽におしゃべりしながら、思い出をひもとき、書いてみましょう。

定員がありますので、要予約です。
参加希望者は、こちらの【参加お申し込みフォーム】から事前申し込みをお願いします。

開催日時

2024年4月6日(土)10:00-12:00 

初めてご参加いただく方にもわかりやすい内容です。また、続けて参加すると、より「自分史」への理解が深まります。

内容

タイムトリップ!子どもの頃の思い出

自分や家族が小さかった頃のこと、思い出してみませんか?

記憶をひもといて、話して、短い文章を書いてみましょう。

思い出の写真を1枚持ってご参加ください。節目・記念日のふりかえりにも。

「子どもの頃」の写真、モノの例

  • 自分が子供の頃の写真
  • きょうだいが小さかった頃の写真
  • 親が小さかった頃の写真
  • 自分の子がまだ小さかった頃の写真
  • 大きくなった甥、姪が小さい頃の写真
  • 見せてもらった、パートナーが小さかった頃の写真
  • ペットがほんの小さかった頃の写真 など

※あたたかく、懐かしく、ポジティブな気持ちで思い起こせる写真やモノを選んでみてください。

プレゼント

初めての参加者には、『一枚の自分史』テキスト冊子をプレゼントします。

定員

各回8名(要予約)

開催場所

中野区産業振興センター 3階 創作室(JR中野駅 徒歩3分)

東京都中野区中野2-13-14アクセスのご案内はこちら・外部サイト

※シェアカフェ「ウナ・カメラ・リーベラ(中野区中野2丁目12−5 メゾンリラ 101)」とコラボで開催します。参加費とは別に、ワンドリンクのご注文をお願いします。

※会場にはお問い合わせしないでください。

持ちもの

  • 筆記用具
  • 「子どもの頃」にまつわる思い出の写真、もしくはモノなど

講師

宮野真有(自分史活用アドバイザー)

参加費

2,000円(当日、現地でお支払いいただきます。)

※参加費のほかに、カフェでワンドリンクの注文をお願いします。

お申し込み

定員がありますので、要予約です。
参加希望者は、こちらの【参加お申し込みフォーム】から事前申し込みをお願いします。

申し込み前にお問い合わせがある場合は、お問い合わせフォームからお願いします。

「自分史としつきカフェ」とは

「自分史としつきカフェ」は、宮野真有が主宰する、自分史の魅力を気軽に体験していただけるワークショップです。

「話して、書いて、ふりかえる」ことで、思い出をまとめ、今の自分にとっての意味を考え、未来に進める自分史の良さを体験していただけます。

主に、写真と短い文章で思い出を書きつづるワークを中心に、約2か月に1回、東京都JR線中野駅近くで開催しています。

お茶を飲みながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、おしゃべりしたり書いたりしましょう。できあがったワークシートは、作品としてお持ち帰りいただけます。

初めての方にもわかりやすく、続けて参加することで理解が深まり、作品を書きためることもできる気軽なワークショップです。

希望される方は、終了後に自分史や本づくりの相談もできますので、ご連絡ください。